社長さんのための、問題化した社員対策です。お気軽にご相談ください。
問題社員の対処法

問題社員の対処法


問題社員の対処法

本当は問題社員はいないはず?

しかし、よくよく考えてみると、この問題社員という言い方には少々疑問を感じます。
そもそも、事業主は、労働者を採用する時点において、だれを採用して誰を採用しないかを選択する自由を有しています。
また労働者を採用する場合であっても、いきなり正社員として採用せずに、最初は有期雇用にするなどして、労働者の適性を見極めたうえで、本採用するなどのリスクヘッジをすることもできます。

そうすると、会社が労働者を採用するときに、手続きを厳格にかつ慎重に行うことによって、問題社員を排除することはある程度可能ではないかと考えられます。

そうであるならば、問題社員というのは、会社が労働者の採用を慎重にかつ厳格に行わなかった結果、会社に紛れ込んでしまったということで、第一義的には社印に問題があるというよりもむしろ会社に問題があるといえるのではないでしょうか。

このように考えると、会社が労働者を採用するときは、手続きを厳格にかつ慎重に行う必要があります。
中小企業の中には、人材不足から、簡単な面接のみで労働者を採用している例が散見されます。会社にとって人材は人財にもなりまた人罪にもなります。

社長さん、労働者の採用、間違っていませんか?
問題社員の対処法
≪問題社員とは
問題化する社員 ≫

問題社員の対処法

★メニュー

できる社長は労使トラブルの解決を長引かせない
労使トラブルは会社の病
事務所紹介
社会保険労務士おくむらおふぃすの業務・料金案内
無料労働相談会
相談・問い合わせ
労使トラブルが発生したら
解雇に係る労使トラブル対処法
雇い止めに係る労使トラブル対処法
残業代に係る労使トラブル対処法
パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法
問題化した社員対策
労働組合からの団体交渉の申し入れ
リンク
労使トラブル解決!会社側からのあっせん申立て
おくむらおふぃすセミナー情報


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)社長のための労使トラブル解決相談室