社長さんのための、パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法です。お気軽にご相談ください。
パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法

パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法


パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法

パワハラ(=パワーハラスメント)とは

厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」は、パワハラを次のように定義しています。
職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいう。
※注意点
1.パワーハラスメントは、上司から部下へのいじめ・嫌がらせといった、職務上の地位に係る優位性のみに留まらず、人間関係や専門知識などの様々な優位性が含まれる。従って、先輩・後輩間、同僚間、部下から上司への行為、そういった場合も有り得る。
2.個人の受け取り方によっては、業務上必要な指示や注意・指導を不満に感じることがあるが、これらが業務上適正な範囲で行われている場合には、パワーハラスメントには当らない。


パワハラに該当する具体的な例としては次の6つの行為類型に分類できます。
類型
具体的行為
1
身体的な攻撃暴行・傷害
2
精神的な攻撃脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言
3
人間関係からの切り離し隔離・仲間外し・無視
4
過大な要求業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強
要、仕事の妨害
5
過小な要求業務上の合理性なく、能力や経験とかけ離れた程度の
低い仕事を命じることや仕事を与えないこと
6
個の侵害
私的なことに過度に立ち入ること
※上に挙げたものは、職場のパワーハラスメントに当りうる行為のすべてを網羅するものではなく、これ以外の行為は問題ないということではないことに留意する必要がある。
パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法
≪パワハラ・セクハラ・モラハラ・・・3つのハラスメント
セクハラ(=セクシャルハラスメント)とは ≫

パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法

★メニュー

できる社長は労使トラブルの解決を長引かせない
労使トラブルは会社の病
事務所紹介
社会保険労務士おくむらおふぃすの業務・料金案内
無料労働相談会
相談・問い合わせ
労使トラブルが発生したら
解雇に係る労使トラブル対処法
雇い止めに係る労使トラブル対処法
残業代に係る労使トラブル対処法
パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法
問題化した社員対策
労働組合からの団体交渉の申し入れ
リンク
労使トラブル解決!会社側からのあっせん申立て
おくむらおふぃすセミナー情報


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)社長のための労使トラブル解決相談室