社長さんのための、労働組合からの団体交渉の申し入れ対策相談室です。お気軽にご相談ください。
労働組合からの団体交渉の申し入れを受けたら

労働組合からの団体交渉の申し入れを受けたら


労働組合からの団体交渉の申し入れを受けたら

労働組合とは

「労働組合」とは、労働者が主体となって自主的に労働条件の維持改善その他経済的地位の向上を図ることを主たる目的として組織する団体又はその連合団体をいいます。労働組合は労働組合法という法律でその要件が規定されており、要件を満たさない団体等は、労働組合とは認められません。

労働組合には、社内で組織されたものと、社外で組織されたものとがあります。
今日の中小企業の場合、団体交渉は、労働者が一人で加入できる社外の合同労組からの申し入れがほとんどではないでしょうか。

合同労組(ユニオン)とは、所属する職場や雇用形態に関係なく(正社員だけではなく、パートやアルバイトなども加入できます)、会社の枠を超えて産業別、業種別、職業別、地域別に組織する労働組合のことです。

日本には大きく分けて3つの労働組合の組織があります。

中小企業と合同労組などとの団体交渉の対象となる事案は、ほぼ、賃金不払いや、解雇・雇い止め、退職勧奨、ハラスメント等の労使トラブル解決です。
労働組合からの団体交渉の申し入れを受けたら
団体交渉の大まかな流れ ≫

労働組合からの団体交渉の申し入れを受けたら

★メニュー

できる社長は労使トラブルの解決を長引かせない
労使トラブルは会社の病
事務所紹介
社会保険労務士おくむらおふぃすの業務・料金案内
無料労働相談会
相談・問い合わせ
労使トラブルが発生したら
解雇に係る労使トラブル対処法
雇い止めに係る労使トラブル対処法
残業代に係る労使トラブル対処法
パワハラ・セクハラ・モラハラに係る労使トラブル対処法
問題化した社員対策
労働組合からの団体交渉の申し入れ
リンク
労使トラブル解決!会社側からのあっせん申立て
おくむらおふぃすセミナー情報


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)社長のための労使トラブル解決相談室